FFFTPのインストールと設定

このページではFFFTP(日本語版)1.98eの新規インストールと初期設定について解説します。
バージョンによって若干の違いがある可能性があります。

※旧配布元のFFFTPは暗号化通信に対応しておらず、2010年10月24日(FFFTP Version 1.97b)のリリースを最後にメンテナンスが終了しています。
SourceForge.JPのFFFTPプロジェクト から最新安定版をダウンロードして下さい。
※旧バージョンをご利用中の会員様はFFFTPをいったん削除して、最新安定版を新規インストールして下さい。
上書きアップデートは不具合があると発表されています。


STEP1:ダウンロードとインストール

 

ブラウザでSOURCEFORGEのFFFTPダウンロードページに接続しリリースファイル一覧からFFFTP(日本語版)の.exeファイル(ファイル名ffftp-バージョン名.exe)をクリックして任意の場所に保存します。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックするとインストーラーが起動しますのでインストールします。


STEP2:マスターパスワードの設定

 

FFFTPを起動し上部メニューの[接続]>[設定]>[マスターパスワードの設定]をクリックしマスターパスワードを設定します。

※安全の為マスターパスワードは必ず設定して下さい。
※設定したマスターパスワードを紛失しないようご注意下さい。
※マスターパスワードはFFFTPを起動する為のパスワードです。任意の文字列を指定して下さい。


STEP3:初期設定

 
上部メニューの[オプション]>[環境設定]をクリックします。

 


STEP3-1:転送モードの設定

 

オプションウインドウが表示されますので[転送1]タブをクリックします。

アスキーモードのファイル名で[追加]ボタンをクリックし"*.php"を追加します。
他にアスキーモード(テキストモード)で転送する予定のファイルがあればここで追加して下さい。


STEP4:接続ホストの設定

 
[接続]>[ホストの設定]をクリックします。

STEP4-1:

 
ホスト一覧ウインドウが開きますので[新規ホスト]をクリックします。

STEP4-2:

 

ホストの設定ウインドウの[基本]タブが開きます。

G-SERVEのアカウント情報を確認して各項目を入力します。

ホストの設定名: 任意
ホスト名(アドレス): FTP接続先ホスト名
ユーザー名: 会員ID
パスワード/パスフレーズ: 会員パスワード
ローカルの初期フォルダ: 任意
ホストの初期フォルダ: public_html

 


STEP4-3:

 

[暗号化]タブをクリックし、”FTPS(Ecplicit)で接続”にチェックを入れます。

他のチェックは全てはずして下さい。
この設定を行う事でサーバーとの接続が暗号化されます。

最後に[OK]ボタンをクリックして設定は完了です。


STEP5:サーバーへの接続

 

ホスト一覧ウインドウで今設定を行ったホストを選択し[接続]ボタンをクリックするとサーバーに接続されます。

最初に接続した際、「証明書を信頼しますか」という内容のウインドウが表示されますが弊社利用の証明書は認証局発行の正規証明書ですので問題ございません。
[はい]をクリックして接続して下さい。

web公開用フォルダ"public_html"に接続されますのでここにサイトをアップロードして下さい。