wordpress-3.3.2-jaのインストール

このページではwordpress-3.3.2-jaの新規インストールについて解説します。
バージョンによって若干の違いがある可能性があります。
作業環境は下記のとおりです。

作業OS Windows Vista
テキストエディタ TeraPad
転送ソフト FileZilla3.3.4.1
解凍(展開)ソフト Lhaplus

STEP1:

 
WordPress 日本語ローカルサイトのダウンロードリンクからzipファイルをダウンロードし任意の場所に解凍(展開)します。

STEP2:

 

wp-config-sample.phpをテキストエディタで開きます。

※Windowsの"メモ帳"や"ワードパッド"、マイクロソフトの "OfficeWord"などは利用出来ません。
UTF-8のBOMなし(UTF-8N)が扱えるテキストエディタをご利用下さい。


STEP3:

 

MySQL設定内の3ヶ所を下記のように編集します。

database_name_hereを消して
データベース名を入力
username_hereを消して
データベースユーザー名を入力
password_hereを消して
データベースパスワードを入力

※シングルクォーテーション等の記号を消さないようご注意下さい。

次にブラウザから
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/
に接続して表示された内容をクリップボートまたはテキストファイルなどにコピーします。(全部で8行あります。)

wp-config-sample.phpの50行目~57行目
define('AUTH_KEY', からdefine('NONCE_SALT',までの8行をブラウザからコピーした内容で上書きします。

編集が終わりましたらUTF-8N形式で保存します。
TeraPadではそのまま上書き保存でOKです。


STEP4:

 
今編集したwp-config-sample.phpのファイル名を
wp-config.phpに変更します。

STEP5:

 

解凍して出来たwordpressの全てのファイルをフォルダごとサーバーのpublic_htmlにアップロードします。

※たくさんのファイルがある為転送にはしばらく時間がかかります。


STEP6:

 

ブラウザからwordpressをアップロードしたディレクトリの
wp-admin/install.php
に接続し、下記のように設定します。

サイトのタイトル 任意の名前
ユーザー名 任意のユーザー名
メールアドレス wordpress管理者メールアドレス

※パスワード欄は空欄のまま

設定が終わったら[WordPressをインストール]ボタンをクリックします。


STEP7:

 
パスワードが自動で作成され表示されますのでユーザー名とパスワードを必ずメモしてから[ログイン]ボタンをクリックします。

STEP8:

 

最初のログインでは自動作成されたパスワードを変更するかどうかの注意が表示されますので変更する場合は"はい"変更しない場合は"いいえ"をクリックします。

※自動作成されたパスワードは安全性が高いですが入力が面倒な場合はここで変更可能です。変更する場合は出来るだけ推測されにくく安全なパスワードに変更して下さい。


STEP9:

 

以上でインストールは完了です。

http://www.あなたのドメイン/wordpress/
にブログが作成されています。
ここから管理画面へのログインも可能です。